相続相談ドットコムのロゴ

無料法律相談。事例Q&A

税金・税務 > 不動産

次の貸り手が見つからないマンションを売却したいのですが、私は現在海外赴任中です。無事売却出来た場合の確定申告はどうすればいいでしょうか?

私は現在、海外赴任のためシンガポールにいます。
日本にある自宅を貸しており、不動産収入分を毎年、納税管理人(私の母です)を通じて確定申告していたのですが、次の借り手がなかなか見つからないため、自宅を売却したいと考えています。
(いつ帰国できるかわからないという事情もあります)このような場合、自宅を売却した際の確定申告はどのようにすればいいのでしょうか?

  • 松嶋洋税理士事務所
    松嶋 洋

    譲渡所得を確定申告する必要があります。

    非居住者の方が、不動産を売却した場合には、不動産収入と同じく、譲渡所得を確定申告する必要があります。

    なお、譲渡所得の金額の計算方法は、居住者の場合とまったく同じで、計算方法に非居住者の特例などはありません。

    すでに納税管理人がいらっしゃるとのことですから、自宅を売却された次の年の3月15日までに
    譲渡所得の確定申告を、納税管理人を通じて行ってください。

TOPへ戻る

ピックアップ事務所

富士見坂法律事務所
【相談料0円・24時間電話受付】相続問題は当職に任せて頂けるとほぼ解決です。今までこなしてきた経験から培った自信が強みです。

富士見坂法律事務所

一括相談リスト

心に残る家族葬